更年期障害になっても大丈夫です

年齢を重ねてくると、やはり気になってくるのは更年期障害です。

でも更年期障害には対処法があったのです。

ある程度の知識を身に着けて、何とか対処できたのです。

それは新しい事を発見する事です。

私には何の趣味もありません。

好きな事もないのです。

でも好きな事や趣味があったら、それに没頭するといいのです。

更年期障害になっている場合ではないのです。

だから私も好きな事を見つける事にしました。

子どもの時は大好きな卓球をしていました。

でも大人になってからは遠ざかっていたのです。

だからまた卓球をしてみようと思ったのです。

近所の公民館で毎週二回、卓球教室を開いていたのです。

娘が教えてくれました。

だから私はその教室に行く事にしたのです。

体を動かす事、そして頭を使う事もとても良いのです。

更年期障害だけではなくて健康にだって良いのです。

だから私は積極的に参加するようにしたのです。

専業主婦なので、家族以外に誰にも会わない日というものはあります。

家では家事をしてテレビを観て、いつものように一日が終わっていくのです。

それが毎日繰り返されるのです。

そんな中でいたら、誰だって更年期障害になって日どうなる恐れはあります。

だからもっと毎日に変化が欲しかったのです。

毎日家庭以外の事もする事が、最大の対処法だったのです。

だから私はひどい更年期障害になる事はありませんでした。

これからもきっとないでしょう。

やはり体を動かす事はいいのです。

でも無理をしてはいけません。

辛い時には、ちゃんと休む事も大事なのです。

でもずっと休んでいたらいけません。

気分転換は必要です。

これは更年期障害に限った事ではありません。

楽しい事もしながら、日常生活を送る事が大事なのです。

(三重県 ななみんさん)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ