カンジダ膣炎を膣に挿入する薬と塗り薬で治しました。

今回は私が体験したカンジダ膣炎ついてお話しさせて頂きます。

初めのうちは痒みよりも違和感を感じました。

そこからの猛烈な痒みが来たのはすぐでした。

その痒みたるや、何をしていても辛い…!

立っていてもムズムズ…

歩いていてもムズムズ…

私の場合は、唯一自転車に乗っている時だけが少しマシな時間でした。

掻いたら悪化するのは目に見えているぶん我慢はするものの、
病院に行く時間もなく数日、様子見していると
今度は下着におりものではない
白い粉のような、粘膜のようなものが出て来ました。

鏡で陰部を確認してみるとぶつぶつが!

一旦の手段として市販の塗り薬を使用してみました。

現在は、カンジダ膣炎に効果のある市販薬が販売されていますが
私が患った時は、未だ販売されていなかったので
ムレ、かぶれに効果のあるようなものを使用しました。

ですが、効果は出ず…。

カンジダの症状は全く改善されなかったので、病院に行くことにしました。

私は行きつけの婦人科へ行きましたが
内診台に登るや否や触診する前に
「あー、これはカンジダやねー」
と一発診断でした。

やはり、白い粉のようなものが出るのがカンジダ膣炎の特徴のようでした。

カンジダ膣炎の原因のカンジダ菌は誰しもが体の中にある駐在菌で、免疫力が低下した際に起こりやすくなると教えて頂きました。
(私もカンジダ膣炎になった当時、風邪気味で長引いている時期でした。)

カンジダの治療としては、膣内に薬を挿入し、
約2日掛けて溶けながら効いていく治療と
膣内に挿入し、流れ出た菌が膣外でまた痒みを起こさないようにする塗り薬を処方して頂きました。

膣内に挿入した薬が出てしまわないか不安でしたが、そんな様子もありませんでした。

塗り薬も、お風呂上がりの清潔な状態で塗り、痒みがひどい間は朝も塗りました。

1日2回、痒みが治ってくるにつれ1日1回の頻度で痒みは2.3日で治まりました。

自己判断で、市販薬を購入し私生活に支障を伴いながらやり過ごすのはとても苦痛です。

また、カンジダ膣炎は駐在菌のため再発もありえます。

なので、カンジダ膣炎では?と思い立ったらすぐに病院へ受診しましょう。

(大阪府在住 ぴよまるさん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ