カンジダ膣炎にかかり産婦人科で治療しました。

わたしはもともと体の抵抗力が落ちやすい為、頻繁におりものが増えていることがしばしばありました。

しかし、一向におりものが減らず、おりものの感じがいつもと違う、汚れる、量が増える・・・。

ネットで調べると、「痒み」はあまりあてはまらないけど、カンジタっぽい?

勇気を振り絞っていざ、産婦人科へ!・・・

当時は若かったので、産婦人科へはとても行きづらかったです。

まぁ、非常に緊張しつつ診察を受けたのですが(個人的には初めて見る診察台が怖かったですね笑)、

「普通にカンジタだね、体調悪いこと続いた?かゆくなかったの?」

とお医者様から聞かれましたが、痒みはさほどなく、実感なくて、とのやり取りをしたのを覚えています。

(ちなみに診察時に即錠剤を入れてもらい、塗り薬も処方してもらいました。)

お医者様より、「気持ちはわかるけど、あまり石鹸で何度も洗わないこと。

カンジタになった時はぬるま湯で洗う程度にしてください」と。

石鹸による洗浄力が強すぎてダメみたいです。

それから幾度かストレスや風邪を引いたときは大体出るようになりました。

抗生物質や風邪薬など摂取すると出る感じもします。

なので、お薬を飲むときはちょっと覚悟を決めて飲むこともあります。

勿論、妊娠中も一度でましたし、体質的にカンジダのなりやすいのかもしれませんが、仕事の疲れ・睡眠不足でもかなり影響してるのではと思います。

あと、すごく個人的ですが、ショーツの接触面が(陰部あたりですね)皮膚に合わない生地だったり、通気性が悪いものでも、なりやすくなるかと。

カンジタは性病などではなく、自己免疫が低下した時になるものなので、おりものが増えて不安な時は気軽に受診すべきだと思います。

自分でカンジタだとわかる場合だと、今はドラッグストアなどで錠剤を購入できたりするので、病院に行く時間が省けて、良い時代になったなぁと思います。

(埼玉県    PPさん)