カンジダ膣炎にかかり産婦人科で治療しました。

わたしはもともと体の抵抗力が落ちやすい為、頻繁におりものが増えていることがしばしばありました。

しかし、一向におりものが減らず、おりものの感じがいつもと違う、汚れる、量が増える・・・。

ネットで調べると、「痒み」はあまりあてはまらないけど、カンジタっぽい?

勇気を振り絞っていざ、産婦人科へ!・・・

当時は若かったので、産婦人科へはとても行きづらかったです。

まぁ、非常に緊張しつつ診察を受けたのですが(個人的には初めて見る診察台が怖かったですね笑)、

「普通にカンジタだね、体調悪いこと続いた?かゆくなかったの?」

とお医者様から聞かれましたが、痒みはさほどなく、実感なくて、とのやり取りをしたのを覚えています。

(ちなみに診察時に即錠剤を入れてもらい、塗り薬も処方してもらいました。)

お医者様より、「気持ちはわかるけど、あまり石鹸で何度も洗わないこと。

カンジタになった時はぬるま湯で洗う程度にしてください」と。

石鹸による洗浄力が強すぎてダメみたいです。

それから幾度かストレスや風邪を引いたときは大体出るようになりました。

抗生物質や風邪薬など摂取すると出る感じもします。

なので、お薬を飲むときはちょっと覚悟を決めて飲むこともあります。

勿論、妊娠中も一度でましたし、体質的にカンジダのなりやすいのかもしれませんが、仕事の疲れ・睡眠不足でもかなり影響してるのではと思います。

あと、すごく個人的ですが、ショーツの接触面が(陰部あたりですね)皮膚に合わない生地だったり、通気性が悪いものでも、なりやすくなるかと。

カンジタは性病などではなく、自己免疫が低下した時になるものなので、おりものが増えて不安な時は気軽に受診すべきだと思います。

自分でカンジタだとわかる場合だと、今はドラッグストアなどで錠剤を購入できたりするので、病院に行く時間が省けて、良い時代になったなぁと思います。

(埼玉県    PPさん)

むくみ薬通販




ヘルペス知らず他人から指摘されました。

ここ、数年前の話しですが、唇回りに出来物が、できました。

いやー、なんか気になるなー、ヒリヒリするなー、と思いながら会社に出勤しました。

すると、「~君ヘルペス出来てるね」って指摘されました。

「これですか?」としてきたされた方に唇を触りながら聞きました?

すると、「そうそう、それヘルペスって言って、あなたの事が好きですよ、思われていますよ、って言うことみたいだよ」と言われました。

僕は一般常識もなく、基本的に健康面で興味がない

だが、他の方に話しをふって頂くという点では、いわゆる話しのネタが出来たと思い喜びました。

その後の会話から、なんか普段やましい事しているのでは?という話しまで飛び火しました。

今思えば性的質問の遠回しのちゃかした感じなのでしょうが、当時の僕は一切それすらも知りませんでした。

ヘルペス、唇に出来物一つだけで、結構人から物言われる物だと、改めて感じました。

その当時の経験を振り返ると、仕事で、帰って来てから、更に仕事の事を考えたり、仕事に関する本を読んだり、仕事のレポートを書いたりし、寝ている時も仕事の夢を見るという日々が続いていました。

そんな、日々の積み重ねがヘルペスを生み出す事になったと、思い込んでいます。

実際の所は何だったんだろう?と今振り返ると急に疑問に思えてきます。

もしかしたら、若い20代の頃と違い、30代になり体力が低下しているのかもしれない。

もしかしたら、以外に自分はモテているのかもしれない

もしかしたら、夢遊病のような形で、寝ている間なよなよな出歩き遊んでいるのかもしれない・・・

まあ、そんな、検討違いな事を考えながら、一つのちょっとした変化で様々な考えをめぐらせました。

今後もヘルペス出来たら、いろいろ妄想を膨らませていこうと思いました。

(北海道 クロマティさん)

バルトレックス 通販 安い




サブコンテンツ

このページの先頭へ